リルジュの使い方は簡単?スポイト式で肌の再生がブレない!

渡辺美奈代さんが使っていることで話題の「リルジュ」。今までのスキンケアとは違い潤い成分がゼロで肌を再生させる成分が肌の奥まで浸透する力がとても強いです。

今なら999円で7日間のトライアルを購入することが出来るので初めて購入する方でも安心して使い始める事が出来ます。

リルジュの使い方

リルジュはブースター導入液です。洗顔後すぐに使うのがリルジュの成分が肌の内部まで浸透するためおすすめです。化粧水や乳液などで保湿した後の肌には表面に外部刺激から守るための膜が張られるのでリルジュの成分が肌の内側に浸透出来ないので汚れを落としきって浸透力が高まっている洗顔後にリルジュを使うのが最も良いでしょう。

リルジュではスポイト式になっているので1回の使用量がブレる事がありません。1回につき1mlの使用量を毎回、再現出来るので適量を守りつつ使えて便利です。

リルジュが選ばれる3つの理由

グロースファクター配合で肌の再生を促す

ノーベル賞を受賞したEGFを始め、真皮層の細胞再生に効果があるFGFやIGFを配合しこれらのグロースファクターが25歳から肌から減り始める事にストップをかけ肌が再生する方向に向かせるための成分がリルジュには配合されています。

レビューで4.61/5段階の高評価

リルジュは楽天のレビューで4.61の高評価を受けています。いくら公式サイトや広告で良い事を書いていてもあんまり信用出来ないですよね。「自分に合うか分からない」「本当に信用しても良いの?」実際に使って試してみた方のレビューが高評価なので自分の肌に合う可能性もとても高いんです。色んな肌質の色んな年齢のユーザーが試してみて高評価なので肌質が一緒の人も多くリルジュを体感しています。

999円でお試し出来る

リルジュは初回に999円のお試しを販売しています。1000円以下でお試し出来るのでまずはお試しで購入してみて満足しなかったら本商品を買わなければいいのでとても経済的です。初めて使う方なら「テクスチャが気になる」「匂いは?」と気になってしまいますよね。実際に使ってみないと分からないので初めてリルジュを購入する方でも最初にお試しを安く買えて自分にあっているかどうか安心して試すことが出来ます。

リルジュの商品情報

販売元株式会社AIJ
価格通常価格:2160円→初回999円
送料無料
内容量30mL→お試し7mL
目安量1mL/日
1日あたりの価格約33円

 

リルジュの最安値は公式サイト

リルジュをネットで最安値で購入するならどのサイトで買ったらいいのか調査してみました。今回はAmazon、楽天、ヤフーショッピング、公式サイトの価格を調査。結果、公式サイトで購入するのが最安値でした。

どのサイトでも購入はできるのですが公式サイトよりは高額です。お試しサイズでも本商品のサイズでも公式サイトよりは高いです。トライアルサイズ自体はAmazonとヤフーショッピングでも購入することが出来ますがかなり高いので最初のお試しサイズは特に公式サイトを使って買ったほうが良いです。

リルジュの口コミ

化粧水の入りが良くなるので変化が有り

30mlで1ヶ月分が8000円超えはかなり高いので躊躇しましたが・・・まぁデパコスよりも安いよね。って思って購入しました。数日くらいだと変化も無いし感じられませんでしたが最近は化粧水の入りがよくなって変化が感じられるようになりました。朝に起きた時に肌がゴワゴワせずに弾力感を感じられるようになりました。肌にリルジュがしっかりと入ってから他のスキンケアを使うと良さそうです。

ボコボコ肌がツルンとしてきた

無臭で使いやすいです。毛穴がボコボコしていて気になっていたんですがリルジュを使い始めてツルンとしてきました。本当に付けたっけ?って付けたのを忘れるような使い心地でサラーっと伸びてくれるので最初は本当にビックリします。乾燥する時期にはリルジュで潤いが入りやすいベースを作れるので肌の突っ張りが防げます。

よくある質問

1回の使用量はどれくらい?

1mlを1日で使って下さい。

乾燥肌でも使える?

問題なく使えます。乾燥肌は潤いが足りていないですが肌の内部では肌を再生する能力があるので使い続ける事で乾燥肌も改善されるかもしれません。リルジュ自体にはグロースファクターを肌の内部に浸透させるために潤い成分が一切入っていないのでリルジュの後の保湿ケアはしっかりとしたほうが良いです。

洗顔後すぐに使うのはなぜ?

肌の内部までグロースファクターをしっかりと浸透させるためです。保湿してしまうと肌の表面には膜が張られるのでその後のケアでは浸透せずに膜の外側で乾燥、蒸発してしまう可能性が高いです。リルジュの成分は肌の内部に浸透させたいので洗顔してすぐのクリアになった肌に使うのが一番、理にかなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました